読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Linux】自宅のESXi上にCentOS7をインストールする

Linux

Linuxの勉強を行うために自宅で稼働しているESXi上にLinuxを使ってサーバ構築を行う.
以下のサイトを参考に構築を行うこととした.

centossrv.com

手始めに今回はCentOS7のインストールを行っていく.

準備

まずはインストールに使うISOファイルを以下からダウンロードする.

Index of /Linux/centos/7/isos/x86_64

今回は「CentOS-7-x86_64-DVD-1611.iso」をダウンロードした.
ダウンロードが終わったらvSphere Clientを使って適当な場所にアップロードする.

仮想マシンを作る

vSphere Clientから仮想マシンの作成を行う.

vSphere Clientで扱える仮想マシンバージョン11までなので,カスタムを選択する必要がある.
標準で作成してしまうとバージョン13になってしまうので注意.
(vSphere Web Clientで扱うならば問題なし)

https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2078427

今回の名前は「CentOS7」とした.

内蔵HDDは1台のみのため,変更せず「次へ」.

ここで仮想マシンのバージョンを選択する.

仮想マシンバージョンで11を選択すると「CentOS7」が選べないので,RedHat Linux 7を選択した.

CPUのソケット数を設定できる. 今回は最小限なので1つとした.

メモリも初期値の2GBとした.

ネットワークは仮想NICを用いる.
もちろん物理NICが複数あれば物理NICでも良い.

ディスク容量は初期値の16GBとした.
プロビジョニングの違いについては以下のサイトを参考にしてほしい.
今回はシックProvisioning(Lazy zeroed)とした.

virtual.cocolog-nifty.com

確認画面で「完了前に仮想マシンの設定を編集」にチェックを入れ,「続行」する.

「完了前に仮想マシンの設定を編集」にチェックを入れたためプロパティの画面が表示される.
ここでインストール用ISOファイルをブートするように設定を行う.

準備でESXiにアップロードしたISOファイルを設定する.
これで仮想マシンの作成は完了となる.

インストール

早速電源を入れてインストールを行っていく.

インストール先とネットワーク設定を行う.

インストール先は1つしかないため選択して「完了」.

ネットワーク設定はまず「イーサネット」を有効化し,適当なホスト名を入力する.
DHCP運用の場合はこのままでもよいが,今回は固定IPとするため「設定」へ進む.

「IPv4のセッティング」タブへと進み,各項目を入力し「完了」.

設定が終わるとインストールが開始できる.

インストール中に「rootパスワード」と「ユーザーの作成」を実施する.

今回はrootユーザーのみで運用するため,パスワードの設定のみ行った.

インストールが終わったら再起動を実施する.

rootユーザーでログインできれば完了となる.

CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

  • 作者: 有限会社ナレッジデザイン大竹龍史,市来秀男,山本道子,山崎佳子
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

実践!  CentOS 7 サーバー徹底構築

実践! CentOS 7 サーバー徹底構築

【ESXi】PRIMERGY TX1310 M1のESXiを6.5にアップデートする

ESXi

PRIMERGY TX1310 M1にインストールしているESXiを,最新版である6.5にアップデートしていく.

VMware vSphere 6.5 リリース ノート

準備するもの

  • Fujitsu Custom Image for VMware ESXi 6.5 Offline Bundle

https://my.vmware.com/jp/group/vmware/details?productId=615&downloadGroup=OEM-ESXI65-FUJITSU

ちなみに新バージョンを探す場合は以下のページで「Fujitsu Custom Image バージョン」で検索すると見つけることができる.

検索結果

アップデート作業

インストーラをESXiにアップロード

vSphere Clientを使ってアップロードを行う.
「構成」タブ→「ストレージ」→「データストアの参照」

バージョン確認

事前に現在のバージョンを確認しておく.
ESXiにSSHでアクセスし,以下のコマンドで確認する.

esxcli system version get

仮想マシンをシャットダウンし,ESXiホストをメンテナンスモードにする

各仮想マシンをシャットダウンした後,メンテナンスモードへ切り替える.

Offlineバンドルに含まれているプロファイル名を確認する

zip形式のパッチには複数のプロファイルが含まれていることがあるので,事前に適用する内容を確認しておく.

esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/datastore1/VMware-ESXi-6.5.0-4564106-Fujitsu-v400-1-offline_bundle.zip

今回は1つしか含まれていないので,これを適用する.

アップデート

以下のコマンドでアップデートを行う.
プロファイル名とファイル名に注意する.

esxcli software profile update -p Fujitsu-VMvisor-Installer-6.5-4564106-v400-1 -d /vmfs/volumes/datastore1/VMware-ESXi-6.5.0-4564106-Fujitsu-v400-1-offline_bundle.zip

数分待ち上記のように「The update completed successfully」と表示されたらアップデート完了となる.
されなかった場合はググってください・・・

あとは再起動したら終了である.

esxcli system shutdown reboot -r “update to ESXi6.5”

バージョン確認

再起動が終わったらバージョンを確認しておく.
再びESXiにSSHでアクセスし,以下のコマンドで確認する.

esxcli system version get

メンテナンスモードを終了し,仮想マシンを起動する.

vSphere Clientでメンテナンスモードを終了し,各仮想マシンをパワーオンする.

VMware Toolsのアップデート

必要に応じて仮想マシンのVMware Toolsをアップデートする.

更新が可能な場合は仮想マシン上で上記のように表示される.

更新はvSphere Clientから実施する.

以上でESXi 6.5へのアップデート作業は完了である.

LINE Notifyを利用していると勝手にログアウトされる?(追記あり)

Webサービス

LINE NotifyとはLINEが提供するWebサービスからの通知をLINEで受信できるサービスです.

notify-bot.line.me

今回IFTTTやmyThingsを使って「カレンダー追加」や「タスク追加」,「天気予報」などをLINEに通知するようにしていたのですが,設定してからLINEが勝手にログアウトするようになりました.

いろいろ試してみるとLINE NotifyでIFTTTやmyThingsと連携していると事象が発生しました.
ブラウザでの認証までは問題なくできるのですが,登録してしばらく経過するとログアウトしてしまうようです.

ログアウト発生時は上記のように「他の端末で,LINEにログインしたことを通知するメッセージです.」と通知が届きます.
「LINE Notifyにログインしました」についてはブラウザでの認証時で,ログアウトは発生していないので問題はなさそうです.

IFTTやmyThingsのサーバからのアクセスを"不正"として認識してしまっているのかわかりませんが,勝手にログアウトしてしまうのはとても不便なのでなんとかしてほしいところですね.

何度もログインを繰り返したせいで「不正な電話番号です.」と表示されるようになってしまいました・・・
ひとまずLINEに問い合わせてみようと思います.

ifttt.com

mythings.yahoo.co.jp

追記

LINEからメールで回答が返ってきました.
問合せしてから翌日に返信が返ってきたので早いですね.

今回ご報告いただいた情報を元に調査を行い、改善作業を進めてまいります。
LINEをご利用の皆さまからお寄せいただいた様々な問題につきましては順次改善させていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが不具合が改善されるまで、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

LINE Notifyは結構便利だったので,使えるようになってほしいところです.

ちなみに「不正な電話番号です.」については

当該エラーの初回表示から24時間以上時間を空けて、再度電話番号認証をお試しください。

とのことだったので,翌日試してみると問題なく認証されました.

必ず設定しておきたい!  セキュリティから裏技までLINE活用テクニック (三才ムックvol.897)

必ず設定しておきたい! セキュリティから裏技までLINE活用テクニック (三才ムックvol.897)

スクリーンショットをブログに載せるまでのフロー

ブログ運営

今回は実際にスクリーンショットを様々な端末で撮るところから,ブログに貼り付けるまでのフローを書いていく.

スクリーンショットを撮る

WindowsはScreenPresso Proで撮る

www.screenpresso.com 保存先はGoogleドライブに設定する.

MacはMonoSnapで撮る

monosnap.com 保存先はGoogleドライブに設定する.

iOSは通常のスクリーンショットで撮る

support.apple.com

Screenpresso

Screenpresso

  • Learnpulse SAS
  • ユーティリティ
  • 無料
itunes.apple.com 通常のスクリーンショットで撮り,iOS版ScreenPressoを使ってPC版ScreenPressoProに転送する.

https://www.screenpresso.com/how-to-use-screenpresso-on-ios/www.screenpresso.com 転送方法は公式マニュアルを参考.

ScreenPresso Proで加工

ScreenPressoのワークスペースの場所をGoogleドライブにすることで,いろいろな端末で撮ったスクリーンショットを集約することができる.

集約したらあとは加工するだけだ.
注釈やモザイク,トリミング等を行い準備は完了となる.

レンタルサーバにFTP転送

転送したいFTPサーバを設定しておくと,「キャプチャ」ボタンからFTP転送することができる.

FTPの設定項目は「保存先フォルダ」「ホスト」「ログイン名」「パスワード」だけだ.
レンタルサーバを借りている人には簡単だろう.

このように指定した保存先に転送されていることを確認できる.

ZENPHOTOでアクセスしリンクを取得

www.zenphoto.org 直接サーバにアクセスして画像のURLを取得してもいいのだが,多くなってくるとわからなくなってくるため管理用のCMSを導入した.
選考基準は「導入が複雑でないこと」「現在も開発が続いていること」とし、探した結果「ZENPHOTO」を使うことにした.
ZENPHOTOは2005年から開発されておりメディア向けのCMSなようだ.

導入方法は以下を参考にしてほしい. zenlogic.jp

アクセスするとアップロードした画像が並んでいる.
あとは画像の直リンクを取得するだけである.

リンクの取得には「Quote Image As Text」というChrome拡張機能を利用している.

chrome.google.com

ブログはMarkdown形式で書いているのだが,この拡張機能を使うと簡単にMarkdown形式の画像リンクを取得することができる.

ブログに貼り付け

あとは取得したリンクを貼り付けるだけだ.

するとこのように画像が表示される.

まとめ

このフローでスクリーンショットを扱うと、どんなブログサービスでも利用することができる.
自分の場合WordPressとはてなブログを利用しているため、画像が集約されているのは大変便利であると感じられた.
そしてこのフローの最大のメリットはURLの張り替えなしに,画像を更新することができる点である.
この点については次回まとめていこうと思う.

はじめてのMarkdown―軽量マークアップ言語の記法と使い方 (I・O BOOKS)

はじめてのMarkdown―軽量マークアップ言語の記法と使い方 (I・O BOOKS)

ブログ用スクリーンショット置き場を考える

ブログ運営

現状と課題

ScreenPresso Proを使ってスクリーンショットを撮り、直接ブログにアップロードしている。

www.screenpresso.com

現在の利用方法の課題として以下の2点が挙げられる.

後から編集すると画像を張り直さないといけないため面倒

アップロードしブログを公開した後「画像のここ修正しないと!」となった場合,ローカルで画像を編集し,再アップロードしてから,ブログも書き換えなければいけない.
これがとても面倒なのだ.
(といってもこういう自体はなかなか存在しないのだが・・・)

Windowsのみしか対応していない

ScreenPresso Proは大変すばらしいスクリーンショット&注釈ソフトなのだが,残念なことにWindows版しかないのである.
一応iOSも対応と書いているが,単純に転送ツールというだけで編集機能などはない.
現在はWindowsしか使っていないのだが,今年発売されるであろう新MacBook12は購入したかったりする.
そういうこともあって今のうちからMac対応しておこうという魂胆である.
(買う前,というか発売前から考えても・・・というの言うまでもない)

そんなこんなで特に重要でもない理由なのだが,すでに半日費やして今ブログを書いているに至る.

対策案

半日いろいろ試して考えた案がこの3つとなった.

Gyazo

gyazo.com

  • Windows,Mac,iOSに対応
  • 編集は可能だが,編集すると別ファイルとして保存され別URLになってしまう
  • 編集後保存すると再編集はできない
  • 編集機能にモザイク機能がない
  • 有料(380円/月)

Evernote

evernote.com

  • Windows,Mac,iOS対応
  • 編集は可能だが,編集すると上書きされるが別URLになってしまう (同期の段階で別ファイルとして扱われるのだろう)
  • 再編集可能
  • モザイク機能はあり
  • 有料(600円/月) (もともとプレミアムなので気にしない)

ScreenPresso Pro & Xserver

www.xserver.ne.jp

  • Windowsのみ
  • FTPでアップロードするため,編集しても同一URL
  • 編集後も再編集が可能
  • モザイク機能はあり
  • Xserverは972円/月,ScreenPresso Proは2138円で買い切り (XserverはWordpressで使っている&ScreenPressoは購入済み)

まとめ

いろいろ考えた結果,URLの同一性を重視し「ScreenPresso Pro & Xserver」方式となった.
やはりスクショ&注釈ソフトとしてScreenPresso Proが便利すぎるのだ.
iOSではどうせ注釈作業なんてやらないし,Macもスクショだけ取ってリモートデスクトップでWindows機にアクセスして作業すればいいのだ.
とりあえず今回はここまでとするが,次回は実際のフローについて書いていこうと思う.

Evernoteは3年版を買っていたから使っているものの,そろそろ他に乗り換えたい感じもある・・・

はてなブログProで独自ドメインを設定してみた(エックスサーバ編)

はてなブログ

エックスサーバ編もなにも単発の予定ですが,気にしないでおきます.
早速ですが当ブログに独自ドメインを設定していきます.

はてなブログProに登録しておく

独自ドメインを使うにははてなブログProに登録しておかなければなりません.
年間一括のほうが安いですが,自分はとりあえず毎月払いにしておきました.

ブログを作る

既に持っている場合は関係ないですが,ない場合は新たに作らないといけません.
作るときに思ったのですが,はてなブログProに登録していても最初から独自ドメインでブログ開設できないんですね.
一度「hatenablog.net」等のドメインで作ってから独自ドメイン設定を行う必要があります.

ドメインを取得する

ドメインを持っていない場合は取得が必要です.
新規で取得する場合は「お名前.com」や「バリュードメイン」がおすすめです.

www.onamae.com

www.value-domain.com

エックスサーバ側の設定

ここからはエックスサーバのサーバーパネルで行います.

f:id:mizuka_123:20160310194941j:plain

「DNSレコード設定」をクリックします。

f:id:mizuka_123:20160310195006j:plain

該当のドメインを選択します。

f:id:mizuka_123:20160310195217j:plain

「DNSレコードの追加」タブに移動し、ホスト名、種別、内容を入力します。  

  • ホスト名:任意

  • 種別:CNAME

  • 内容:hatenablog.com

これでドメイン側の設定は終わりです.

はてなブログ側の設定

はてなブログ側はドメイン側で設定したドメイン名を入力するだけです.

f:id:mizuka_123:20160310200003j:plain

「設定」→「詳細設定」で独自ドメインの欄に入力します.

f:id:mizuka_123:20160310200129j:plain

設定更新後に「ドメイン設定をチェック」をクリックし,設定状況が有効となればOKです.

f:id:mizuka_123:20160310200339j:plain

アクセスしてみて表示されることを確認します.

本来CNAMEレコードと他のレコードの重複はNGなようですが,動いているので良しとしましょう・・・
誰か詳しい方いましたら教えてください.

livedoor Techブログ : CNAMEの間違った使い方

「ぶろぐてくにか」はじめました

お知らせ

何回目の"ブログ始めました"エントリーかはもうわからないですが,また新しいブログを初めてみました.
瑞佳(@mizuka123)と言います.

このブログは私が運営しているブログ「みずかるちゃー」,「みずかのちらうら」の運営ブログです.
もともとブログの運営についてはみずかるちゃーのほうに書いていたのですが,内容がごちゃごちゃになってしまうので分けることにしました.

内容としてはブログ名の通りブログのテクニックに関することを書いていきます.
当ブログははてなブログですがWordpressのことについても書いていくつもりです.
はてなブログもいろいろカスタマイズできるようなので,挑戦してみたいと思います.

それでははてなブログPro初心者ですが,よろしくお願いします.